FANDOM


Episode Area
Occurrences [+/-]
1st Occurrence 2015/07/30 19:00 ~ 2015/07/31 19:00 陽炎・その1
2015/07/31 19:00 ~ 2015/08/01 19:00 陽炎・その2, 助手レポート・その1, 雪化粧・その1
2015/08/01 19:00 ~ 2015/08/02 19:00 陽炎・その3, 助手レポート・その2
2015/08/02 19:00 ~ 2015/08/03 19:00 助手レポート・その3
2015/08/03 19:00 ~ 2015/08/04 19:00 助手レポート・その4
2015/08/04 19:00 ~ 2015/08/05 19:00 助手レポート・その5
2015/08/05 19:00 ~ 2015/08/06 19:00 雪化粧・その2
2015/08/06 19:00 ~ 2015/08/07 19:00 雪化粧・その3
2015/08/07 19:00 ~ 2015/08/08 19:00 雪化粧・その4
2015/08/08 19:00 ~ 2015/08/09 19:00 雪化粧・その5
2015/08/09 19:00 ~ 2015/08/10 19:00 炎精王の予感
2015/08/10 19:00 ~ 2015/08/11 19:00 水精王の予感
2015/08/11 19:00 ~ 2015/08/12 19:00 風精王の予感
2015/08/12 19:00 ~ 2015/08/13 19:00 光精王の予感
2015/08/13 19:00 ~ 2015/08/14 19:00 闇精王の予感
2015/08/14 19:00 ~ 2015/08/15 19:00 無精王の予感

Kagerō (陽炎)

Kagerō (陽炎)
Area01
#01 Kagerō Part 1 自立型や自律型が存在するのと同時に、武器型のエレメンツドライバも当然のように存在していた。君は失われた技術から生まれたんだよ。神才が語り出す始まり。一度ね、滅ぼしたんだ、でも人間って、過ちを繰り返す。だからね、天才は危険なんだ。

When both independent type and autonomous type existed, the existence of weapon type elements driver too, existed as if it was natural. "You were born from lost technology." The God Genius began speaking of the beginning. "Once, they were annihilated, but human beings, they will repeat their mistakes. That's why, the Geniuses are dangerous."


#02 Kagerō Part 2 でも、聖暦の天才も大したもんだよ。その言葉に嘘偽りはなかった。お姉ちゃんに、感謝しないと。私ニ姉ナド存在シマセン。片言の返答。可愛くないぞ。可愛サナド、必要アリマセン。そう、第六世代自律型ドライバが求めたのは、破壊衝動だった。

"Still, the Geniuses of the Holy Age were a big deal." There was no fakery in those words. "You have thank your elder sister, ok?" "I do not have an existence known as elder sister." A reply spoken haltingly. "You're not being cute." "I have no need for, things like cuteness." That's right, what the sixth generation autonomous sought was, the impulse to destroy."


#03 Kagerō Part 3 もうすぐやってくるからね。神才は、ゆっくりと未来を見つめていた。でも、あの子の相手は、私にやらせてもらいますよ。割って入ったのは原初の機体。予約制度なんてないからね。返す冗談。だって、残りの第五世代は奪われてしまったんですから。

"They'll arrive soon, ok?" The God Genius, looked into the future at ease. "But, please let me be the one to face, that child's opponents." The one who cut in was the original machine. "There's such such thing as reservation system, ok?" The God Genius replied jokingly. "I mean, the rest of the Fifth Generation had already been stolen."

Assistant's Report (助手レポート)

Assistant's Report (助手レポート)
Area02
#01 Assistant's Report Part 1 私はただの被験体だったんです。そう、彼女は統合世界では珍しい獣種だった為、拘束されていたのだった。でも、所長はそんな私を一人の助手として受け入れてくれました。偶然の出会いは少女を救った。だから私は、いつまでも所長の側にいますね。

“I was your common test subject.” She, for being a rare beast in the merged world, was imprisoned. “But, the chief accepted me as her assistant.” A chance encounter saved her. “So I’ll stay by the chief’s side forever.”


#02 Assistant's Report Part 2 美宮殿の近く、新たに「幸せの白兎研究所」が設立された。誰が、こんなふざけた名前を。答えは明白。所長、お客さんがいらっしゃいました。呼びかける助手兎。すぐ行くぴょんっ。笑顔で答える所長。そう、この所長にして、この研究所ありだった。

Near the Beautiful Palace, the “Happy Rabbits Laboratory” had been established. And who came up with this playful name? The answer should be obvious. “Chief, you have a visitor.” The chief’s rabbit assistant called to her. “I’m coming, pyon!” The chief replied with a smile. So in this laboratory, the chief assigned herself to this position.


#03 Assistant's Report Part 3 幸せが平等じゃないのなら、せめて自分の幸せを願うのは、いけないことですか。それは誰しもが思う願い。幸せの定義は人それぞれだぴょん。他人の幸せを、自分の幸せだと思えるか。自分の幸せを、他人の悲しみだと思えるか。答えはそこにあった。

Happiness isn’t impartial, so is it wrong to wish for one’s own happiness? It's everyone's desire. "Happiness is defined per individual pyon." The happiness of others, is it their own happiness? Can their happiness be the grief of another? The answer was within.


#04 Assistant's Report Part 4 世界が幸せで包まれるのなら、それはとっても幸せなことだぴょん。それは、ある種の歪んだ感情。私は、所長の考えることがわかりません。だが、聖光才は笑顔で研究を進めていた。私は完全世界を否定した。いや、そこに完全なんてなかったんだよ。

"If the world would be enveloped in happiness, then that would be the happiest pyon." Those feelings are distorted. "I don't understand, chief." But, the holy light genius had been conducting her research with a smile. "I rejected the perfect world. No, there is no such thing as perfection."


#05 Assistant's Report Part 5 聖光才の口から語られたのは、不完全な完全世界。だから私は、みんなを解放してあげるんだ。言葉ではなく行動で示す意思。それが幼き過ちとの決別なんだぴょん。無理に浮かべた笑顔の裏側の、悲しみの心。私はずっと、所長についていきますね。

The words that were spoken by the holy light genius were of the imperfect Perfect World. "So I'll liberate everyone." She’d do this not through words, but through actions. “The mistake I once made caused our parting pyon.”With sorrow in the back of her mind she forced a smile. "I will continue to follow the chief."

Blanket of Snow (雪化粧)

Blanket of Snow (雪化粧)
Area03
#01 Blanket of Snow Part 1 彼と彼女の出会いは牢獄だった。なぜ彼が私を助けたのかはわからない。ただ、協力者が欲しかったんだと思う。語られる聖者との出会い。あの人、相変わらず強引ね。くすり笑う無の美女。だが、鋭さを増す雪導犬の眼光。あなたは選べるのかしら。

Their first encounter was at the jail. "I have no idea why he saved me. I think, he probably just wanted someone who would cooperate with him." The encounter with the Saint was spoken of. "As usual, that person is so pushy." The None Beauty giggled. However, the Snow Guide Dog increased the sharpness of her gaze. "I wonder if you will be able to make a decision."


#02 Blanket of Snow Part 2 大切な人を守りたい、それは当然の想い。もし彼がそれを望まなかったら、あなたはどうするのかしら。相手の意思を尊重し、守ることを放棄するのか、それとも自分の意思を尊重し、それでも守り抜くのか。なぜ、そんな質問を。本質はそこにあった。

"Wanting to protect someone precious, that is the natural course of thinking. If he did not wished for that, I wonder what would you do then? Will you respect the other's will, and give up protecting, or will you respect your own will, and protect to the end?" "Why, do you ask such a question?" The true nature of the problem lies in the question.


#03 Blanket of Snow Part 3 彼は、ずっと待っている。まるで、あの雪の日のように。彼は、ずっと泣いている。そう、あの雪の日のように。だから、私は今、ここにいる。純粋な目で語る雪導犬。だが、魔術師が抱く疑問。聞かせてくれ、君のいう彼は、いったいどっちなんだ。

"He was, always waiting. It was just like, that day of snow. He was, always crying. Yes, like that day of snow. That's why, now, I am here." The Snow Guide Dog spoke with genuine eyes. However, the Magician was puzzled. "Let me hear it, which 'he', are you referring to?"


#04 Blanket of Snow Part 4 どちらかなんて、どうでもいいの。遮られた問い。彼は彼で、彼は彼、きっと、そういうことなのよね。無言で頷く雪導犬。彼と彼が出会うとき、きっとそこにはあなたが必要だから。だからこそ、最後にもう一度、覚悟を問わせてもらえるかしら。

"It does not matter, whichever it is." The question was cut short. "He is he, and he is he. Surely, that is what you meant." The Snow Guide Dog nodded without saying anything. "When he and he reunites, you are definitely needed there. This is why, for the last time, will you let me hear your resolutions?."


#05 Blanket of Snow Part 5 あなたは、あの時目を逸らした。それは紛れも無い事実。そんなあなたに、いったい何が出来るのかしら。だが、そんな問いにも、無の美女は穏やかに答えた。あの時、私は逃げ出した。だからもう、逃げない。例えこの命が尽きても、必ず取り返すわ。

"You have averted your eyes, at that time. That was unmistakably the truth. I wonder, what exactly can a person like you do?" However, even to such a question, the None Beauty answered calmly. "At that time, I ran away. This is why, I will never run away anymore. Even if my life is exhausted, I’ll definitely bring him back."

Six Great Fairy Queens (六大精霊王)

Six Great Fairy Queens (六大精霊王)
Area04
Fire Fairy Queen's Premonition 見つからないようにと、姿を隠しながら行動する炎咎甲士のすぐ側に存在していた炎精王。向う先は堕王の玉座。嫌な予感がする。それは、彼と彼の父と、そして彼らを繋ぐ一つの機体を知っていたからこそ、感じた予感だった。炎が、泣き叫んでいる。

Right beside the Flame Gauntlet-Wielding Criminal who hid himself in order not to be found, was the Queen of Fire Fairies. Their destination is the throne of the Fallen King. A bad premonition. That was the premonition she felt, precisely because she knew the machine which connects, him and his father. The fire, is crying.


Water Fairy Queen's Premonition 再会は、もうすぐだね。水精王は語りかける。弟君に会ったら、どうするつもりなのかな。水咎刀士は口を開く。あの日の真実と、向き合うまでだよ。それは、彼らの両親が命を落とした真実。だから、行こう。教団本部は目前まで迫っていたのだった。

"Soon, we'll reunite." The Queen of Water Fairies spoke. "What do you plan to do, when you reunite with your younger brother?" Water Katana-Wielding Criminal opened his mouth. "I'll confront him, about the truth of that day." The truth, of their parents losing their life. "So, let's go." The Headquarters of the Cult was right before their eyes.


Wind Fairy Queen's Premonition 風精王が語る幼き思い出。ウチら四人は、いつも一緒だったネ。きっと、私達みたいだったんだね。取り戻せない過去を想う風咎棍士。ウチは取り返すアル。そう、彼女達が向う先に待っている東魔王と堕風才。教団本部へと、追い風が吹いていた。

The Queen of Wind Fairies spoke of memories of her younger days. "The four of us, were always together." "Surely, you were just like us." The Wind Staff-Wielding Criminal thought about the irrecoverable past. "I'll recover mine." That's right, the East Devil Queen and Fallen Wind Genius awaits them at their destination. Tailwinds were blown, towards the Headquarters of the Cult.


Light Fairy Queen's Premonition 彼女と戦う覚悟は、出来ているんだよね。光精王の問いかけに、口を閉ざした光妖精王。お嬢ちゃんは、黙って見ててもいいんだぜ。堕魔王の優しさ。でも、これは私の責務だから。だが、そんな三人に隠れて、すでに動き始めた妖精が存在していた。

"Seems like you have made your resolutions, to fight against her." To the question by the Light Fairy Queen, the Queen of Light Fairies closed her mouth. "It's alright even if you shut up and watch you know, young lady?" Kindness of the Fallen Demon King. "But, because this is my duty." However, without the three of them knowing, there was a fairy who had already started moving.


Dark Fairy Queen's Premonition 堕ちること、堕とされること、それは似て非なるもの。私はあなたと同じなの。だからこそ、寄り添う二人。私は世界を敵にした。闇魔女王は優しく答える。ずっと一緒よ、世界を壊すまでは。だが、彼女は知らない。すでに戦争が始まっていたことを。

Falling, and being made to fall, those were falsely similar. "I'm the same as you." That is the reason why, the two people got closer together. "I've made the world my enemy." The Dark Demon Empress replied gently. "We'll be together forever, until the world ends." However, she does not knows. The fact that the war had already began.


Void Fairy Queen's Premonition 今動けば、積み重ねた時間が無に帰されるだろう。その言葉は、否定ではなく肯定だった。初めから、積み重ねるつもりなんてなかったけどな。だが、そんな覚悟を縛る鎖。忘れないでくれ、君に自由は存在しない。唇をかみ締める日々は、今も続く。

"If you make a move now, all the time you have accumulated will probably will returned to none." He was certain that he could not deny, those words. "I haven't planned on accumulating at all, from the start though." However, those resolutions were bound by chains. "Please do not forget, that freedom does not exist for you." The days of biting lips, still continues even now.

Ancient Dragons: Water (古竜衆:水式)

Ancient Dragons: Water (古竜衆:水式)
Area05
♯01 古竜衆が留めた水・1 神と竜が争っていたのは遥か昔、まさに神話の時代と呼ばれた時代だった。共に優れた知能、文明、そして力を持った異なる種族だからこそ、起きてしまった争い。どちらが優れているか、など、そんな答えを求めた者は、どこにも存在していなかった。

A long time ago the Gods and Dragons had a war, this era named the “Age of Myth”. Both great, intelligent, and powerful races, this is what caused the war to occur. Which one is better? The one who searches for such an answer no longer exists.


♯02 古竜衆が留めた水・2 共に認め合い、そして競い合う関係、そんな両者を引き裂いたのは、予期せぬ例外の存在だった。僕は彼を、正しいとは思わない。だけど、間違っているとも思わない。曖昧な存在だからこそ、答えを求め、そして争いは起きた。だから僕は、許せない。

Mutual recognition, a mutual competitive relationship, unexpected exceptions exist. I don't think he was right. “But, I also don't think he was wrong.” Because of this ambiguous existence, seeking answers, the war had occurred. “That is why, I'll never forgive him.”


♯03 古竜衆が留めた水・3 争いはいつも、予期せぬきっかけで起きるのが世界の理だった。勝つか、負けるか、その勝敗にこだわるのは、決まって敗者だったからだ。僕は、勝ちたいんじゃない、負けたくないんだ。求めたのは、ありきたりな平穏。誰も、血は流したくないよ。

It is the fact of the world that unexpected war will arise. Those preoccupied with winning or losing are the losers themselves. "I don't want to win, but I don't want to lose." He wished for simple peace. "I don't want to shed blood."


♯04 古竜衆が留めた水・4 一つの争いは幕を閉じた。だけどね、僕は許すことが出来ないんだよ。それは竜への侮辱。僕らは、彼らに負けた。勝つ必要はなかった、だけど、負けたんだ。敗者の烙印に笑顔を歪めた青年。だからね、今度こそ、負けたくはない。新たな幕は上がる。

The curtains closed on the war. “I can't forgive him. It's an insult to dragons. We lost to them. We didn't need to win, but we lost.” The youth's smile distorted by the stigma of losing. “So this time I won't lose.” The curtains rise.


♯05 古竜衆が留めた水・5 兄さんは、どうするつもりなの。問いかける流水竜。俺は、楽しくやらせてもらう。答えた竜神。彼らのことが、気になるんだね。問い詰める流水竜。嫉妬なら、女にしてろよ。はぐらかす竜神。そして二人は道を分かち、それぞれの道を歩き始めた。

"What do you plan to do, brother?" The Stream Dragon questions. "I'll do things in a fun way." The Dragon God answered. "So you're worried about them?" The Stream Dragon pressed on questioning. "If you're going to be jealous, be jealous over a girl instead." The Dragon God avoids the question. The two people then split their ways, and began walking their own paths.

Fate-Defying Beast (運命に背いた獣)

Fate-Defying Beast (運命に背いた獣)
Area06
♯01 運命に背いた獣・その1 綴られた存在が自身の人生を謳歌するには二つの道しか許されなかった。台本通り、物語通りに演じきり、そして終わりを迎えるか。それとも、その運命に抗い、禁忌を犯し、永遠の苦しみを受け入れるか。どちらにせよ、幸せな結末は選べなかった。

The one who was written into existence was only allowed to walk one of two paths. Scripted, according to the end of the play either path greeted the end. Or should they defy fate, commit a taboo and accept pain forever? Either way he couldn’t choose a happy ending.


♯02 運命に背いた獣・その2 綴られた存在が自身の人生を謳歌するには二つの道しか許されなかった。台本通り、物語通りに演じきり、そして終わりを迎えるか。それとも、その運命に抗い、禁忌を犯し、永遠の苦しみを受け入れるか。どちらにせよ、悲しい結末は選べなかった。

The tragedy proceeded to be written. Touched, the people were moved to tears. They knew the tears were fabricated, but they still shed. “If that’s the case what should we do?”The answer was to deny fate, it was another destiny. "I accept!"


♯03 運命に背いた獣・その3 禁忌を犯すというのは、どういうことだろうか。自身を呪い、悲しみに暮れるのだろうか。だが、禁忌を犯した者は、自身の運命を嘆くことはなかった。自分より大切な何かを、守れるならそれでいい。それこそが、禁忌を犯す意味に通じる答えだった。

What exactly is committing a taboo? A curse itself, or grief? But, one who commits taboo can't lament their fate. It's okay to protect that which is important to you. It's understandable that the answer was to commit taboo.


♯04 運命に背いた獣・その4 好きな人がいる。愛する人がいる。好きな場所がある。愛する場所がある。好きな世界がある。愛する世界がある。その全ては同意義だった。だから俺はこの世界に生きている。例え、綴られた存在であろうと、世界を愛することを、否定出来なかった。

There are people to like. There are people to love. There are places to like. There are places to love. There's a world I like. There's a world I love. That is the meaning of everything. “So I'll live in this world. Even if I'm written out of existence I can not deny my love for this world."


♯05 運命に背いた獣・その5 ありがとう。その言葉で悲劇は終わりを迎えた。そして、彼が出会ったのは新しい始まり。血に濡れた妖精は語る。これが私に出来ること。あの子は彼を想う。彼は彼女を求める。だから彼女はここにいない。それなら、私が代わりを果たすまでだから。

“Thank you.” The tragedy came to an end with those words. Thus he met a new beginning. The fairy soaked in blood said, “This is what I can do.” He thought of that girl. He’s looking for her. But, she isn't here. “If that's the case, I'll perform instead.”

Fate-Defying Dragon (運命に背いた竜)

Fate-Defying Dragon (運命に背いた竜)
Area07
♯01 運命に背いた竜・その1 綴られた存在が自身の人生を謳歌するには二つの道しか許されなかった。台本通り、物語通りに演じきり、そして終わりを迎えるか。それとも、その運命に抗い、禁忌を犯し、永遠の苦しみを受け入れるか。どちらにせよ、悲しい結末は選べなかった。br/>

The one who was written into existence was only allowed to walk one of two paths. Scripted, according to the end of the play either greeted the end. Or to defy fate, commit taboo and accept pain forever. Either way she couldn’t choose a sad ending.


♯02 運命に背いた竜・その2 悲劇は台本通りに進む。そして人々は同情し、涙する。そう、人はその涙が創られたものだと知りながら、涙を流すのだった。だったら、私達はどうしたらいいのよ。その答えが、運命に抗うという、もう一つの運命だった。私は、受け入れてみせるわ。

The tragedy proceeded to be written. From sympathy, the people were moved to tears. They knew the tears were fabricated, but they still shed. “If that’s the case what should we do?” The answer was to deny fate, it was another destiny. "I accept."


♯03 運命に背いた竜・その3 禁忌を犯すというのは、どういうことだろうか。自身を祝い、喜びに暮れるのだろうか。だが、禁忌を犯した者は、自身の運命を称えることはなかった。自分より大切な何かを、守れるならそれでいい。それこそが、禁忌を犯す意味に通じる答えだった。

What is committing a taboo? To celebrate, immersing yourself in the joy of it? But, one who commits taboo can't honor their own fate. It's okay to protect that which is important to you. It's understandable that the answer was to commit taboo.


♯04 運命に背いた竜・その4 嫌いな人がいる。憎い人がいる。嫌いな場所がある。憎い場所がある。嫌いな世界がある。憎い世界がある。その全ては同意義だった。だから私はこの世界で死んでいくの。例え、綴られた存在であろうと、世界を憎むことを、否定出来なかった。

There are people to dislike. There are people to hate. There are places to dislike. There are places to hate. There's a world I dislike. There's a world I hate. That is the meaning of everything. “So I'll die in this world. Even if I'm written out of existence I can not deny my hatred for this world.”


♯05 運命に背いた竜・その5 ごめんなさい。その言葉で悲劇は始まりを迎えた。そして、彼女が出会ったのは新しい終わり。不夜城に届けられた差出人不明の棺、覗き込むのは五色の女王。施された死化粧、無数の蓮の花に包まれ、永遠の眠りについていたのは、白の女王だった。

"I'm sorry." The tragedy began with those words. Thus she met a new end. An unidentified coffin reached the Nightless City, in it was an empress. Painted with the makeup of the dead, surrounded by countless white flowers, in an eternal sleep was the White Empress.

Paradise Dragon (極楽の竜)

Paradise Dragon (極楽の竜)
Area08
Dragon's Paradise Part 1 なぜ、あのとき彼らは攻撃をしなかったのか。その答えは簡単だった。どうせ、世界は変わらない。だが、そんな世界に疑問を持つ一人の竜は考えた。だったら、楽しんだもの勝ちじゃん。だから彼は一人、動き出した。もっと、楽しませてくれるよね。

Why, didn't he attack them at that time? That answer was simple. Whatever he did, the world wouldn't have changed. However, a dragon with such doubt against the world had a thought. "If that's so, then having fun means winning." That is why, alone, he began to move. "You'll entertain me more, won't you?"


Dragon's Paradise Part 2 極楽竜が引きずり出したのは、首筋に埋め込まれた生体管理チップだった。だって、見つかったらやっかいだもん。あの時、あの場所、一人の人間は竜に立ち向かっていた。僕はね、あの光景を忘れることが出来ないんだ。だから、今度は僕も混ぜてよ。

The Paradise Dragon pulled out the control chip that was embedded into his neck. "I’ll be in trouble if I'm found." That time, in that place, one person faced the dragon. "I can't forget that sight. So this time let me come, too."


Dragon's Paradise Part 3 あそこに行けば、もう一度彼に出会うことが出来るよ。そう、それは悪魔の囁きだった。だから極楽竜は施設を抜け出した。これで、まずは一匹の竜が消えてくれたね。悪魔の囁き、それは人であり、竜である男の囁き。すべては、屠竜者の描く未来へ。

“If you go there it's possible you'll meet him again.” That is what the demon whispered. So the paradise dragon escaped the facility. Like that, a dragon disappeared. The demon's whisper, it's both the whisper of a human and dragon. The future drawn by the dragon slayer.


Dragon's Paradise Part 4 どんなことして、楽しもうかな。極楽竜の頭の中は、彼への興味でいっぱいだった。殴り合いがいいかな、駆けっことかどうだろう、少しならお話してもいいかもね。だが、最後の行き着く答えは一つだった。でも、やっぱり、殺し合いが一番だよね。

"How can we have fun?" The mind of the paradise dragon was full of fantasies. "Fighting would be good. Running would be good. Chatting would be good too." But in the end he found the answer. "Killing would be the best!"


Dragon's Paradise Part 5 知ってるよ、この匂い、知ってるよ。極楽竜は興奮していた。あの時のだよ、血が染みた、あの時の匂いだよ。極楽竜は興奮を抑えられなかった。さぁ、早く、もっと、早く。始めようよ、僕達の楽しいことを。極楽竜は興奮を解き放とうとしていた。

"Aah, I know this smell!" The paradise dragon was excited. "That time, it’s the smell of that blood." The paradise dragon could not hold himself back any longer. "Come! Hurry, quick hurry! Hurry, let's start having fun!" The paradise dragon was finally able to unleash his excitement.

The Perfect Sunset: Prologue

The Perfect Sunset (完全なる落日)
Area09
The Perfect Sunset: Prologue I 世界が廻り続けるように、また陽も廻り続ける。陽は沈み、やがて夜明けを迎える。それが歴史だと、繰り返される歴史は物語っていた。変わらないことが完全であるのなら、変わることは不完全なのだろうか。やはり、世界に完全など存在しないのだ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Prologue II 彼らが来たみたいですよ。紅茶を注ぐ執事竜。見物をさせてもらおうよ。紅茶を舐める少年。それでは、始めましょうか、完全なる落日を。すべては、黄金の夜明けの為に。グリモア教団本部の本館の地下祭壇には、一部の教団員だけが集められていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Prologue III ミドリとオリナが辿り着いたのは教団本部だった。そこは本館を中心に、東西南北の五つの館に別れていた。もぉ、どこから入ればいいのー。そんなミドリの迷いを振りほどいたのは、かつての仲間との再会だった。西館は、僕達に任せてくれないかな。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil"


The Perfect Sunset: Prologue IV 始まった演説。我らが教祖様は、完全世界へと旅立たれました。私達は、至っていなかったのです。教祖様のみが、完全だったのです。ですが、そんな教祖様に残されようとも、想い続ける三人の魔王達や、教団員達がいるではないですか。演説は続く。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Prologue V 友を東館へと見送り、アオト達は北館の前を通り過ぎようとしていた。西館にお連れしないと、怒られちゃいますからねっ。そうおどけてみせたのは流水獣。だが、そんなアオト達の後ろ、大剣を携えた影が忍び寄る。どうして、オマエらがいるんだよ。

Sending off his friend to the east wing, Aoto was ready to pass to the north wing. "I'll never hear the end of it if I don't take you to the west wing!" The stream beast joked. But, behind Aoto a figure holding a sword approached. "Why are you guys here?"


The Perfect Sunset: Prologue VI 続く演説。モニターに映し出された三人の魔王。私は彼らに賞賛を送りたい。残された彼らもまた、完全だったのだと。みなさん、どうかその目にしっかりと焼き付けて下さい。彼らの散り行く姿を。彼らは最期まで、完全なのです。演説は終わらない。

The speech continues. Three devils are displayed on the monitor. "I would like to praise them. They were left behind, imperfect. Ladies and gentlemen, engrave the symbol of the eye into your mind. Their shapes have fallen. In the end it's still imperfect." The speech has yet to end.


The Perfect Sunset: Prologue VII 久しぶりだな、クソチビ。その言葉とは裏腹に、嬉しそうな表情を浮かべるライル。うっせーよ、チャラ男。怒りながらも笑ってみせたアスル。そんな二人を、優しい瞳で見つめるアオト。三人はそれぞれの想いを胸に、教団本部へと突入するのだった。

"Long time no see, bastard Chibi." Contrary to his words, Ryle's face held a happy expression. "You're noisy, you flashy man." Through anger Azul laughed. Aoto watched the two with gentle eyes. The three with their hearts in their chest, broke into the cult's headquarters.


The Perfect Sunset: Prologue VIII 続く演説。そして、ここに、旅立たれた教祖様の残した一通の推薦状があります。教祖様の意志を継ぐ、真教祖様の名が記されているのです。全ては落日の後に。さぁ、みなさん、その目に、完全を焼き付けるのです。そして、日は沈み始めるのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Perfect Sunset: Midori

The Perfect Sunset: Midori (完全なる落日:ミドリ)
Area10
The Perfect Sunset: Midori I 東館に突入したミドリとオリナの前に立ち塞がった二体の第四世代自律兵器型ドライバ。きっと、あの子のアル。だったら、壊しちゃっていいよね。構える三本の棍。そして、対峙した少女達を、堕風才は別室のモニターから静かに眺めていたのだった。

Two fourth generation autonomous type drivers stood in the way of Midori and Olina as they entered the east wing. "It has to be her." "If that's the case we have to break through." Three staves were raised. The fallen wind genius quietly watched the girls' confrontation from a monitor in a separate room.


The Perfect Sunset: Midori II アタシだってね、あの頃より強くなったんだよ。左手の棍で風波機を弾き、右手の棍で炎波機を防いだオリナ。だから先に進んで。だが、戸惑うミドリ。なんだか、嫌な予感がするの。解かれていた教団の警備と不穏な空気。大丈夫、すぐ追いつくから。

"I've grown stronger since then." From the left Midori faced the wind wave machine, and from the right Olina faced the flame wave machine. "Go on ahead!" Midori hesitated. "I have a bad feeling about this." Security had arrived, and so did an uneasy feeling. "Don't worry, I'll catch up to you."


The Perfect Sunset: Midori III オリナを残し、先へ進むミドリは嫌な風を感じていた。どうしてここの風は、悲しいんだろう。直後、目の前に現れた笑顔。一緒にいるんだよね、私にはわかるよ。その言葉が向けられたのはミドリではなく、風精王だった。そして笑顔は歪む。けひひ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Midori IV また奪うんだね、私達の居場所を。再開を果した東魔王と風精王。師匠が話してくれた、友達だね。歪な平和の犠牲者は襲い掛かる。どうしてアル。私達はもう、ここしかないの。だが、東魔王は知っていた。もう、ここにも、居場所がなかったことを。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Midori V 知ってるよ、完全世界なんて存在しないって。ぶつかり合う風と風。だけど、私はあの子を信じた。あの子の目は真っ直ぐだった。私は、完全が欲しかった。そう言ってもらえるだけで嬉しかった。溢れる本心。心安らげる居場所を求めて、何が悪いの。

"I know a perfect world doesn't exist." Winds clashed. “But I still believed that girl. Her eyes were sincere. ‘I want perfection’, I was happy just saying it.” Her true feelings spilled over. “Trying to find a place where one’s heart can be at ease, is that so wrong?!”

The Perfect Sunset: Ryle

The Perfect Sunset: Ryle (完全なる落日:ライル)
Area11
The Perfect Sunset: Ryle I 北館に突入したライルを待ち伏せていた無数の教団員。さぁ、派手にいこうぜ。大剣を手にした青年は、一人、五人、十人と切り捨てていく。面倒くせぇ、いっぺんに掛かって来い。そんな叫び声に呼応するかの様に姿を見せたのは、四人の男女だった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Ryle II 悪いけど、俺は光ってるヤツが大嫌いなんだ。ライルの大剣が薙ぎ払う光通者と光波神。俺達にも守りたい場所がある。そんなライルに立ち向かう炎通者と闇通者。だったら、守ってみせろって。決着は、一瞬にしてついた。甘ったれたこと言ってんな。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Ryle III 本館には行かせねぇよ。無数の銃声が鳴り響く。犬っころはお手でもしてろ。だが、差し出した左手には既に力が入っていなかった。勝てる戦いには興味ねぇが、これも俺の役目だ。振られ続ける尻尾は、興奮の表れ。始めようか、レッツ、ハッピー。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Ryle IV 気付いてんだろ。ライルは問いかける。あぁ、全部な。北魔王の口から語られる、教団の今。だから俺は、守るんだよ、あいつが帰って来られるように。だったら、迎えに行けっての。そして、そんな戦いを一匹の竜が引き裂いた。ねぇ、僕も混ぜてよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Ryle V こんなの、聞いてねーよ。あはは。左足に突き刺さる極楽竜の槍。勝ちだ。右足を打ち抜いた北魔王の弾丸。オレ、格好悪ぃ。崩れ落ちるライル。だが、そんな傷だらけの体を支えたのは火竜を連れた竜だった。人間にしては、なかなかやるみたいだな。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Perfect Sunset: Aoto

The Perfect Sunset: Aoto (完全なる落日:ライル)
Area12
The Perfect Sunset: Aoto I ライルと別れ、向った西館。入口で待っていたのは、ただ一人の教団員だった。連れて来ましたわ。流水獣が駆け寄ったのは優しい笑顔の水通者。安心して、私は君の敵じゃない。ただ、会わせたい人がいるの。そしてアオトは、無言で頷いたのだった。

Bidding Ryle farewell, he headed towards the west wing. Waiting at the entrance was a sole cult member. “I brought him” The stream beast flashed a friendly smile to the water psychic. “Don’t worry, I’m not your enemy. However, there’s someone I want you to meet.” Aoto nodded in silence.


The Perfect Sunset: Aoto II 会いたかったよ、兄さん。隠し通路を抜けた先に待っていたのはアオトの血を分けた弟、西魔王だった。語られる真実。出来の悪いフリをしていた兄と、出来の良いフリをしていた弟。もう、僕に残された時間は少ない。だから、最後に決着をつけよう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Aoto III 両親の歪んだ愛情を受け入れられるほど、あの日の二人は大人じゃなかった。愛を愛だと理解するのには、時間が必要だった。だから僕は、僕を肯定し続けるしかないんだ。研ぎ澄まされた水の刃が貫いた体。どうして、よけてくれないんだよ、兄さん。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Aoto IV 君はもう自由だ。見つめ合う蒼い瞳。アオトは優しい声で語りかける。君の罪は、僕が留め続けるよ。差し出された手に視線を落とした西魔王。君は、その手を掴むのかい。その声はいない筈の三人目の男の声。危ない。刃が貫く体。僕が、西魔王です。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Aoto V 引き抜かれた刃から滴り落ちる血。駆け寄る西魔王。あの日、あなたは私の手をとってくれた。なんで。だから次は、あなたがお兄さんの手をとる番だよ。どうして。あなたと過ごせて、私の現世は最高でした。西魔王の腕の中、水通者は瞳を閉じた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Perfect Sunset: Azul

The Perfect Sunset: Azul (完全なる落日:アスル)
Area13
The Perfect Sunset: Azul I 行って来いよ、目を覚まさせたいんだろ。アオトを見送ったアスルは、一人で西館を進み始めた。辿り着いた大広間、待ち構えていた無数の教団員。いいか、オマエら、オレが全員ぶっ潰す。そして、振り上げた槌は、無数の心を打ち砕こうとしていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Azul II 西館を進んだ先にいたのは、アスルの憎むべき堕水才だった。ボクガアイタイノハ、キミジャナイ。電子音声と共に立ち去ろうとする堕水才の前に立ち塞がったアスル。あっちには、行かせねーよ。構える槌。オレはずっと、オマエに会いたかったぜ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Azul III 堕水才が操る水がアスルの頬をかすめる。こんなの、痛くも痒くもねぇっての。振り回し続ける槌。アイツらは、きっと誰も負けない。だからオレも、負けるわけにはいかねぇから。互いに一歩も引けない攻防。だが、その戦局を新たな水が洗い流した。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Azul IV 手を貸すよ。新たな水の正体は、堕水才の隣りに現れた水波神だった。相手は、子供一人か。布越しに聞こえた声。うるせぇ、チビ。オマエら、まとめてぶっ潰す。全身全霊を注ぐアスル。二人めがけて振り下ろされた槌は、三人を支える地面を砕いた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Azul V 崩壊した西館、重なった瓦礫から這い出したアスルは辺りを見回した。かすかに灯された光。ここは地下か。二人を探し歩き出したアスルが見つけたのは、地下道の先の一つの扉。そして、扉から漏れて聞こえたのは、無数の声が呼ぶ一人の名前だった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Perfect Sunset: Final

The Perfect Sunset: Final (完全なる落日:終章)
Area14
The Perfect Sunset: Final I 退避した極楽竜と、逃げることのない北魔王。その覚悟に、恥じぬ最後をくれてやろう。燃え盛る炎。これが、オマエの覚悟なんだな。ライルの問いにニヤリと返した炎。そして、力なき聖剣が切り裂く北魔王の信念。尻尾振る相手を間違えんな。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Final II 居場所を求めることを、否定しない。語り掛けるミドリ。あの子も、そうだった。巻き起こした風に乗せる想い。だけど、居場所はきっと、この場所じゃない。近づく決着。なら、どこだっていうのよ。棍が打ち砕いた心。場所じゃなくて、人なんだよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Final III 教団地下祭壇のモニターに、西館から続く隠し部屋の様子が映されていた。横たわった金髪の男が流す血は、身にまとった黒いスーツを赤に染めていた。皆さん、失踪していた西魔王も、教祖様の為に、我々の為にと、最期まで戦ってくれていたのです。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Final IV この日、教祖クロウリーはグリモア教団の過去となった。そして、旧教祖に仕えていた南魔王パイモンは行方不明のまま、北魔王アマイモン、東魔王オリエンス、西魔王アリトンの三人は敗れ去った。こうして、完全なる落日は終わりを迎えたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Perfect Sunset: Final V ?

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

God Geniuses Perspective

God Geniuses Perspective (神才の視点)
Area15
God Geniuses Perspective I 正義の反対がまた別の正義なら、正しさなんて存在しないと思うんだ。それは議論されつくした理論。だからね、私が正解をあげようと思うんだ。それは、神故の発想。だって、神様は王様よりも偉いんだから。神才は、下位なる争いを見下ろしていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


God Geniuses Perspective II ねぇ、君はどっちに憧れたのかな。神才は俯いた王に語りかける。照りつける太陽かな。それとも、照らし出すお月様かな。答えることのない王。この世界はね、君が愛するに値しないと思うんだ。それにさ、君に流れる血は、人間だけじゃないよね。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


God Geniuses Perspective III 僕の王様に、ちょっかいを出さないでくれないかな。神才を遮ったのは悪戯神。彼はね、僕という神の存在証明なんだよ。民は王に縋り、王は神に縋る。そう、だから彼は、僕に縋ってくれさえすればいい。だって僕がいなきゃ、生きられないんだから。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


God Geniuses Perspective IV 彼の為に僕が存在するように、僕の為に彼が存在するんだ。だが、神才はそれを否定した。だってさ、彼は王である前に。続く言葉を遮る悪戯神。それは、僕達が決めることじゃない、彼が決めることだよ。だから彼に、愛した世界を見せてあげようよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Golden Dawn

The Golden Dawn (黄金の夜明け)
Area16
The Golden Dawn I これで、僕という存在は完全になった。仕組まれていたのは数々の犠牲。その上に、僕という存在が立つんだよ。そっと呟く独り言。完全世界なんて、存在しない。そして、真教祖の声明が、新たな教団の幕は上げる。さぁ、黄金の夜明けを始めようか。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn II 辿り着いたグリモア教団本部本館。地下から響き渡る歓声。これは、あの日の私の責任だ。ノアの口から語られる神話。竜が神に敗れた時、そこに存在していた例外。だから私は、奴を許すわけにはいかない。そして、ノアは火竜と共に、地下祭壇へと。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn III だったら、お姫様は私が助けに行くね。それは、いつかの恩返し。だって、あなたの大切な人なんでしょ。それは体を捨てた火竜へと向けられていた。きっとね、あの子はあなたと出会えて、幸せだったと思うんだ。だからこれは、私からの恩返しだよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn IV おまたせっと。遅れて現れたのは、少しだけ息の上がったオリナだった。にしても、情けないなぁ。声をかけた先にいたのはライル。だから、まだやれるって。そして、二人は鞘の回収へ。その場に姿を現さなかった、アスルのことを気にかけながら。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn V 姿を現さなかったのは、アスルだけではなかった。無事だといいんだけど。漏れ出した不安。僕なら、無事だから。更に遅れて現れたアオトの服は赤色に染まっていた。そして、そんなアオトに肩を貸す、一人の男の姿があった。紹介するよ、僕の弟だ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn VI ちゃんと挨拶しなって。だが、目を逸らすアリトン、あえて何も聞かない仲間達。そして、そっと発せられた言葉。僕は、弟でもなければ、西魔王でもない。だから僕はね、僕の戦いの続きを始めるよ。それは、旧教祖が与えた特別な任務の続きだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn VII やっぱり、そうだったのね。囚われの身であるカナンは雷帝竜へと問いかける。そうよ、アタシはね、アンタも、竜王も、道化竜も、竜界のみんなが大嫌いなの。もちろん、創られた教祖様もね。そう、雷帝竜が信じていたのは、初めから真教祖だった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn VIII 真教祖の討伐、囚われた姫の奪還、奪われた鞘の奪還、それぞれの目的の為、本館に集った者達は再び、散り散りとなった。そして、誰もいなくなった本館へ、北館からの通路を通り現れた人影もまた、自らの目的の為に、動き出していたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Golden Dawn: Noah

The Golden Dawn: Noah (黄金の夜明け)
Area17
The Golden Dawn: Noah I 教団本部地下祭壇へ向かうノアの表情は、いつにもなく硬かった。きっと、これが最後なんだろうな。そして、行く手を阻む二人の水の魔物。ここから先へは、行かせない。だったら、僕が相手をするよ。ノアの背後、教団の裏切り者は姿を現した。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah II それでは、先に進ませてもらおうか。続く地下道、立ちはばかる無数の教団員。まずは、僕の魔法をご覧下さい。オズが鳴らした指先。そこに現れたのは、炎が模した三つ編みの少女と、小さな犬、背の高い案山子と、翼の獅子、古ぼけた機械だった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah III 六つの炎が切り開く王の道を進むノア。あの日、お前を連れ戻していたら。頭を過ぎる後悔。だが、その後悔は、すぐに温かな炎が燃やし尽くした。もし、そうしていたら、お前は皆と、出会えなかったんだな。六つの炎は、止まることを知らなかった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah IV 家族の思い出は炎となり、ノアの進む道を照らし出していた。歩みを止めることのないノアが辿りついたのは、一つの開かれた扉。踏み入れた地下祭壇、その先には真教祖が鎮座していた。久しぶりだね、古の竜王様。そして、出来損ないの道化竜もね。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah V 始まった攻防戦。君は、王に相応しくないよ。だが、ノアは動じなかった。あぁ、知っている。その言葉の込められた意味。僕が、統べる者になる。無数に湧き出る教団員。私は王様失格だからな。古の竜王は、古へと帰る覚悟を決めていたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah VI 私は王でありながら、あるまじき道を選んでしまった。その証拠が寄り添う罪深き道化竜だった。まさか、初めから。焦りを隠せない真教祖が出したのは各教団員への避難勧告。だから、私は古の竜王なんだ。新しい時代は、貴様以外の誰かに任せよう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah VII グリモア教団本部全域に轟く竜の咆哮。それは炎となり、辺りを紅く包み込む。もうじき、ここも崩れるだろう。その咆哮は、あらかじめ決められていた脱出の合図。私達はもう、今の時代に必要ないんだ。紅く染まる言葉。だから、共に眠るとしよう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Noah VIII 鳴り止んだ竜の咆哮、いつまでも燃え盛る炎が照らし出したのは夜明け。この日、グリモア教団本部は全壊した。そして、一夜明けようとも、五夜明けようとも、十夜明けようとも、古竜王ノアと、従えた道化の火竜が竜界の玉座に戻ることはなかった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Golden Dawn: Aoto

The Golden Dawn: Aoto (黄金の夜明け)
Area18
The Golden Dawn: Aoto I これは、僕の戦いだから。刀を構えたアリトン。だったら、これは僕の戦いでもあるから。傷ついた体で刀を構えたアオト。目的は違えど、想いの交差する蒼き兄弟。そして、そんな二人に切りかかる堕水才と水波神。再び、初恋が始まろうとしていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto II だから、僕の戦いなんだ。一人、刀を手に立ち向かうアリトン。やっぱり、君は裏切ったんだね。水波神はその刀を弾いてみせた。裏切ってなどいない、これは僕の信じた教祖様の心からの願いだ。旧教祖が伝えた特別な任務、それは教団の壊滅だった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto III 教祖様は、僕を受け入れてくれた。振るう刀。だけど、もう教祖はいないよ。弾かれる刀。罪を重ね、自分を肯定するしかなかった僕を、受け入れてくれたんだ。荒ぶる心。そして生まれた隙間。襲い掛かる刃。だが、それでもアリトンは守られていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto IV 水の刃を弾いたのは、アオトの刀だった。君は、悪魔なんかじゃないよ。傷ついた体が抱き起こしたアリトンの体。あの日、僕は逃げた。だけど君は、逃げなかった。悪魔になるべきは、僕だったんだ。アオトは全ての罪を留めようとしていたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto V そして、そんな二人を前に堕水才の動きは止まっていた。どうしたんだ。水波神の問いに、答えようとしない堕水才。堕水才の瞳に映し出されていたのは、あの日の瞳ではなかった。そう、蒼き兄弟の瞳は、共に濁ることなく、澄み切っていたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto VI 違う、違う、違う、違う、違う、違う、堕水才の脳裏を埋め尽くす言葉。だが、蒼き兄弟はその隙を見逃しはしなかった。あの日覚えた初恋は、恋する人の手により、終わりを迎えた。それ故に、堕水才の初恋は最高の形で終わりを迎えたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto VII 聞こえてきた竜の咆哮、それは脱出の合図だった。それでも退こうとはしないアリトン。これは、僕の任務だから。だが、そんなアリトンに差し出された兄の掌。一緒に逃げよう、君は彼女の分まで生きなきゃいけない。それだけは、君が留める罪だよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Aoto VIII 崩れ落ちる教団本部を背に、蒼き兄弟は約束を交わした。僕はこれからも、アオトとして生き続ける。それは弟の自由の為に。僕はこれからも、アリトンとして生き続ける。それは罪を償う為に。僕はもう、戻れない。だから行くよ。さよなら、兄さん。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Golden Dawn: Midori

The Golden Dawn: Midori (黄金の夜明け)
Area19
The Golden Dawn: Midori I きっとここにも、沢山の想いが集まっているんだね。友達の弟の言葉を頼りに、地下牢への道をひたすらに走るミドリ。だが、そんな彼女の行く手を塞ぐように現れたのは堕風才だった。こうして会うのは、初めてね。でも、初めて会った気がしないよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori II それは恩師の親友であり、かつての仲間の産みの親だったからだった。私はあなたのこと、止めなきゃいけない。構えた棍。だが、堕風才はその道をあっさりと明け渡した。あの子を倒してくれてありがとう。もし、あなたが倒せなかったら、その時は。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori III 誰だって、友達を自分の手にかけたくはない、それは堕風才も同じだった。ウチもあの時、そうしたくなかった、沢山反対したヨ。だが、離れていた時間は長すぎた。今さら、私は誰も信じることは出来ない。だから私は、あの日の自分だけを信じるの。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori IV 堕風才に別れを告げ、辿りついたのは竜界の姫が囚われていた地下牢だった。よくここまで来られたわね。待っていたのは雷帝竜。お姫様を、返してもらいにきたよ。なんで、アンタみたいな人間が肩入れすんのよ。人間とか関係ない、心は一緒なんだ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori V だが、ミドリに残された体力は限界を迎えようとしていた。なによ、偉そうなこと言ったって、所詮は人間ね。棍を握る力は抜け、立つことに精一杯だった。そろそろ、死んでもらおうかしら。雷帝竜の最後の一撃が轟く。やっぱり、心は一緒なんだ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori VI 最後の一撃を受けとめたのは、古ぼけた機械だった。本日に限り、当園のパレードは出張とさせて頂きます。ウサギのきぐるみは告げる。小さな犬は獣を呼び出し、背の高い案山子は風の刃を、翼の獅子はその鋭い牙を、それぞれの想いを放つのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori VII みんながね、どうしても行きたいって言うんだ。それは、言葉ではなく、心の声だった。誰かが監視カメラを壊してくれたおかげで助かったよ。牢屋の扉が開かれると共に、響き渡る竜の咆哮。救出された竜界の姫は、少し複雑な表情を浮かべていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Midori VIII 遠く離れた丘の上から、崩れる教団本部を見守るミドリ達。そして、いつの間にか鳴き止んでいた竜の咆哮。そういう、ことなのね。ただ、悲しい瞳で見守る永久竜。見届けてやれよ。ミドリ達のすぐ横には竜神がいた。見届けたら、俺について来い。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Golden Dawn: Olina

The Golden Dawn: Olina (黄金の夜明け)
Area20
The Golden Dawn: Olina I オリナとライルは、鞘が格納されているという地下宝物庫への道を急いでいた。ちゃんと走りなさいって。遠慮しないオリナ。うっせーな。強がるライル。そして、そんな二人が気にしていたのは、鞘だけではなく、行方不明の一人の仲間のことだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’


The Golden Dawn: Olina II 君たちが探しているのは、聖なる鞘かな、それともこの少年かな。二人の前に立ちふさがったのは執事竜。そして、目の前に投げ捨てられたアスル。最悪の形で果された再会。絶対許さない。よっぽど殺されたいみたいだな。二人は、怒りを露にした。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Olina III たった二人で何が出来るというのだ。執事竜の背後から現れた新南魔王と新東魔王。余裕の笑みを浮かべる三人。悪いけどさ、二人だけじゃねーんだ、出て来いよ。直後笑みは焦りに変わった。なぜ、貴様がここに。派手にいくぜ、レッツ、ハッピー。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Olina IV そこには、傷だらけの旧北魔王が重火器を構えていた。あのまま死んでいれば、完全な存在になれたというのに。死ぬのはテメェの方だ。だが、一人加わったところで、オリナ達の劣勢に変わりはなかった。もう一人加わったら、どうなるかな、けひひ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Olina V 現れた旧東魔王。私はあんたらを助けたいんじゃない、こいつらが許せないだけ。続く攻防戦。君たちはもう、過去なんだ。思い出に消えてくれ。何度倒れようとも、立ち上がり続ける四人。いくら頑張ったって無駄だよ、ここに鞘なんてないんだから。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Olina VI すでに、鞘は宝物庫から運び出された後だった。そんなことって。動揺するオリナ。君たちが来ることは、初めからわかっていたよ。だったら、なんでオマエらがここで道塞いでんだよ。ライルが突いた核心。この先には、大切な何かがあるんだろう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Olina VII その言葉で活気を取り戻したのは旧魔王二人だった。聞こえた竜の咆哮。チビを抱えて逃げろ。オリナ達とすれ違う人影。ここは俺達が食い止める。旧北魔王は銃声を響かせる。だから、あんたが迎えに行きなさい。旧東魔王は人影を見送ったのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Olina VIII 傷だらけの仲間を抱えながら教団本部を脱出したオリナ達は、教団本部が崩れ行く様をただ見つめていた。果たせなかった任務を、悔いてる暇なんてないぜ。その裏側、既に他の隊員達は動き始めていた。夜明けが昇るのは、いったいどっちなんだろう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Golden Dawn: Epilogue

The Golden Dawn: Epilogue (黄金の夜明け)
Area21
The Golden Dawn: Epilogue I みなみまおーは、ずっといっしょにいてくれますか。それは、幼き日に交わした何気ない約束。だが、少女は幾つ歳を重ねようと、その約束を忘れることはなかった。そして、そんな約束を交わした相手もまた、二人の約束を忘れることはなかった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’


The Golden Dawn: Epilogue II 南館からの侵入者は、再び旧教祖の手を引いた。そこには旧教祖と旧南魔王という関係ではなく、一人の少女と南従者という関係が存在していた。さぁ、ここから抜け出しましょう。そして、この日、旧教祖は本当の意味での外の世界を知ったのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Epilogue III 私はもう、教祖ではないのだ。旧教祖は涙ながらに訴える。ええ、存じております。だから私は、南魔王ではなく、南従者なのです。そして、私だけではなく、きっと彼らも同じはずです。二人は崩れ行く教団を眺めながら、かつての三人を待っていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Epilogue IV 教団を後にした旧東魔王の後ろ、ふと姿を現した堕風才。全部知ってたのね。口を閉ざしたままの堕風才。今更、ごめんなさいだなんて聞きたくない。遮られた言葉。私とあなたは、選んだ居場所が違った、それだけの話よ。いつかまた、会いましょう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Epilogue V 兄に別れを告げた旧西魔王は流水獣の待つ浜辺へ。そこで待っていたのは、流水獣だけではなかった。もう一人の待ち人を抱きかかえ、そっと海へ。さよなら。水面に浮かぶ体。最高の現世はまだ終わらないよ。そして、繋いだ手は解かれたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Epilogue VI 旧北魔王は左腕に残った傷跡に、もう一筋の傷を足した。これで、お別れだ。そして首輪に手を伸ばし、自らの手でベルトを締めた。これは服従の証なんかじゃない、忠誠の証だ。これから始まる未来、振られた尻尾は、振り止むことを忘れていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Epilogue VII ほら、見てください。南従者の一声は、旧教祖の視線を誘導するに十分だった。西から男が一人、北から男が一人、東から女が一人、装いを新たにした三人が、再び一つの場所へと集まろうとしていたのだった。そしてほら、もうじき、夜が明けますよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Golden Dawn: Epilogue VIII 崩れ落ちた砂上の楼閣を見下ろす旧教祖。そして、再び集った四人の従者は、それぞれの想いで思い出に手を振る。私達は、不完全な世界に生きるんだ。風になびく金色の髪。さぁ、ここからもう一度始めよう。そこには、黄金の夜明けが訪れていた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Demon Chief

The Demon Chief (黄金の夜明け)
Area22
The Demon Chief I ファティマの元に届けられた報告書には、グリモア教団本部の崩壊が記されていた。その報告内容は詳しく、旧教祖、旧魔王の離反、さらには真教祖の目覚めまでもが記されていた。そして、報告書の作成者として水波神の名前が記されていたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’


The Demon Chief II なぜ、教団は鞘を必要としていたのか。なぜ、運び出されていたのか。そして、鞘とはいったいなんなのか。報告書には、このように記載されていた。鞘は万物を再生させる力を持つが効力は未だ不明確。また、鞘が運び出された形跡は皆無だった、と。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Demon Chief III そして、報告書には生きていた旧教祖についても記されていた。真教祖一派は、旧教祖を幽閉するも、殺しはしなかったということ。また、幽閉する前に、とある実験が行われていたということ。だが、肝心の実験内容については記載されていなかった

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Demon Chief IV 運び出されることなく教団本部から姿を消した鞘。とある実験のあと、殺されず、生かされていた旧教祖。そして、未だ不明確ではあるが、鞘が持つという効力。なるほど、そういうことだったのね。ファティマは更なる次の一手を考え始めたのだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Demon Chief V その場に、女王のお友達も二人いたみたいですね。ファティマは隠すことなく、ありのままの報告をした。それとも、もう友達じゃないのでしょうか。そんな問いに、ユカリは顔色一つ変えることなく答える。あなたには、なにも関係のない話でしょう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Demon Chief VI お友達が、もう一人動かれているみたいです。それは、聖王奪還へと動き始めたアカネのことだった。少年達は、いったい彼を取り戻し、どうするつもりなんでしょう。まさか、王が帰還すれば戦争が終わり、平和になるとでも思っているのでしょうか。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Demon Chief VII 続くファティマの問い。お友達はみんな、女王ではないあなたの為に、いえ、あなた達の為に奮闘しているようですが、どのようにお考えなのでしょうか。だが、それでもユカリの顔色が変わることはなかった。私にも、なにも関係のない話でしょう。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Demon Chief VIII 報告を終え、自室へと戻ったファティマの元へと訪れた来客者。それで、世界はどのような決断を下したのかしら。僕が前から話してるとおりだよ。それはあなたにとって、つまらない世界よね。その一言は、世界の決断を鈍らすのに十分なものだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Fairy Chief

The Fairy Chief (黄金の夜明け)
Area23
The Fairy Chief I 随分と派手に暴れたのね。ヴィヴィアンは数多の戦いで傷ついた体の手当てをしていた。それで、目的は果たせたのかな。知ってるくせに、なに言ってんだよ。その言葉の出所は、ヴィヴィアンの膝の上だった。っつか、ベッドに寝かせてくんねーかな。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’


The Fairy Chief II じっとしてなきゃ、めっ、だよ。二人の間には特別な時間が流れていた。よく頑張りました。膝の上で語られる教団本部崩壊の一部始終。こんなにお話してくれるだなんて、昔と逆転しちゃったみたいだね。膝の上、そこには少し照れたライルがいた。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Fairy Chief III もう、大丈夫だから。ライルは未だ癒えきらない体を無理矢理起した。だって、まだ終わってないんだろ。それはヴィヴィアン側からの報告の後の行動。うん、真教祖も古竜王も行方不明のままだよ。そしてね、最後にもう一つ、気になる話があるんだ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Fairy Chief IV それは、殺されることのなかった旧教祖に対する言及。私はまだ、納得いってないんだよね。運び出された鞘と、殺されなかった旧教祖。もし、その仮説が正しかったとしても、それは意味のないことだから。やっぱり、まだなにか残されていると思う。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Fairy Chief V トントン。扉を叩く音が聞こえた。いらっしゃい。ガチャ。扉が開く音が聞こえた。そういえば、立場が変わってからは、紹介してなかったよね。そこに現れたのはヒカリだった。紹介もなにも、知らないわけねーだろ。それは、どっちの意味なのかな。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Fairy Chief VI どっちだっていいじゃねーか。そらした視線。ってことは、どっちもってことなのかな。ヴィヴィアンは笑ってみせた。こんにちわ。そして、そらした視線に合わせたヒカリ。いつも、兄がお世話になっていました。あと、姉がご迷惑をおかけしました。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Fairy Chief VII 全部、知ってるって顔だな。それはヒカリの出生の秘密だった。私にはお兄ちゃんもお姉ちゃんもいません。いるのはパパとママだけです。それは、今も変わりません。だけど、私には兄と姉、父と母がいます。それも、今は変わらない事実なんです。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Fairy Chief VIII そして、ヒカリは続けた。あの人が言ってたんです、嬢ちゃんはありのままの事実を受け入れたいのか、それとも否定したいのか、って。それは、死という事実が否定された死ぬことの出来ない二人の王様の昔話だった。だから私は、その事実を――。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

The Knights of the Round Table: Prequel

The Knights of the Round Table: Prequel (黄金の夜明け)

Area24

Area25

Area26

Area27

Area28

Area29

The Knights of the Round Table: Prequel 02 前線で戦いたい、だが次の世代へ橋渡しをしたい。還暦を迎えたブラウンは世界評議会警備局を退き、食堂で料理人として勤めていた。そんなガレスに掛けられた声。だったら、その腕で未来を示せ。そこには金髪の青年がいた。お前で二人目だ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’


The Knights of the Round Table: Prequel 04 テロ鎮圧の為、評議会は人質を犠牲にしようとしていた。悲劇を繰り返すのか。民間軍事会社の天涯孤独の男はその決定を受け入れられなかった。そこに現れた評議会の青年。好きにやれよ、始末書なら俺が書いてやる。それは四人目の出会いだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Knights of the Round Table: Prequel 05 火の海に消えた家族旅行。泣き叫ぶ一人の少女。あと少し早かったら、少女は幸せな日々を過ごしていただろう。だが、世界は優しくなかった。これは全て俺の責任だ。だから、新しい始まりを贈らさせてもらえないか。それは五人目の出会いだった。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Knights of the Round Table: Prequel 06 で、俺になんか用かよ。不機嫌な男が一人いた。会ってみたかった、じゃ、理由にならないか。ご機嫌な男が一人いた。それじゃ、帰らせてもらうわ。更に不機嫌になった男。ここがお前の帰るべき場所になる。更にご機嫌になった男。お前が六人目だ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Knights of the Round Table: Prequel 07 なんで、俺が。嘆いていたのは昨日まで査察局所属だった男。そんな男がお目付け役にと転属を命じられた先は特務機関。そこにはいわくつきの人間が集まっていた。誰の手引きか知らないが、俺はお前を歓迎する。差し出された右手。七人目はお前だ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


The Knights of the Round Table: Prequel 08 世界評議会の執務室、向かい合った男女。そう思わせてしまうのは、俺の力が足りないからだ。それは青年の言葉。だから、そういう綺麗ごとが気に入らないの。それはヒルダの言葉。俺はお前のその素直さが気に入った。ついて来い、お前で八人目だ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil

Composing a Play

Composing a Play (綴られし物語)
Area30
Composing a Play 少女の筆先が綴る物語。その結末は終わりだった。そして、始まりだった。だが、終わりでもあった。そして、始まりでもあった。さぁ、結末は希望だろうか、絶望だろうか。終わりか、始まりか、それを君に選ばせてあげるよ、ねぇ、僕だけの王様。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’

Great Hope: Prologue

Great Hope: Prologue (大いなる希望:序章)
Area31
Great Hope: Prologue I キミの為の王都に、ようやく民が辿りついたみたいだよ。ロキは堕王に語りかける。ねぇ、彼らはキミに縋りたいみたい。だからさ、キミはもっとボクに縋ってくれていいんだ。さぁ、みせてあげよう、大いなる希望を。そして、キミはただ選べばいい。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil’’’


Great Hope: Prologue II アカネとレオラが辿り着いた王都ティンタジェル。それは常界の廃棄地区に存在していた。これはまやかしです。その場所に王都があるはずはなかった。だが、確かに存在していた。そして、閉ざされていた王都への入口。だったら、こじ開けりゃいい。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


Great Hope: Prologue III 入口に突き刺さった無数のドライバ。こじ開けられた入口。アカネとレオラは顔を見合わせ、そして同時に振り返る。プレゼントを届けに来た。そこに立っていたのはサンタクローズだった。アカネとレオラが浮かべた笑顔。取り返そう、俺達の王様を。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


Great Hope: Prologue IV 私は嘘をついていた。ミレンは隊員達に告げる。聖王の奪還、それはきっと彼は望んじゃいない。だからこれは代理としてじゃなく、副官としての命令なの。だが、そんなことなど全員気付いていた。さぁ、行きましょう。私達の王様は、彼しかいない。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil


Great Hope: Prologue V メビウスは足元で大破しているヨトゥンを見つめながら呟いた。今のあなたなら、きっと大丈夫。見送った一体の機体。直後、現れたのは無数の評議会警備局員。あなたを拘束します。だが、メビウスは満足げな笑みを浮かべた。希望が、聞こえるよ。

Not yet translated. Help the wikia! Translate this story! Pencil



Event List
Single-Area Events 257-icon Halloween Land: Reaping District375-icon Holy Night Town492-icon Sweet Chocolatier557-icon Sweet Grande Maison640-icon Garden of Carnation696-icon Wedding Hall Inertia756-icon Milky Way868-icon Lunamiria Town1207-icon Cherry Garden Ryouran1226-icon School Life in Divine Gate1415-icon Someday in the Summer
Descends 296-icon Utopia Avalon343-iconNightless Nightmare436-icon Fortress Catastrophe534-icon Beautiful Palace Colosseo595-icon Ancient Shrine Hill's Ark625-icon Limited Station Caucasus752-icon Palace of Ocean Niraikanai864-icon Palace of Flame Arcadia893-icon Divine Gate963-icon Palace of Wind Hourai1009-icon Palace of Underground Agartha1062-icon Necro Hospitals Revia1110-icon Gigantic Base Jotunheimr1159-icon Bastille Saint-Antoine1203-icon Monastery Myrddin1264-icon Palace of Incineration Arcadia1275-icon Burial Hall Rosenia1323-icon Priming Cave Triton1380-icon Assembly Hall Heorot1427-icon Palace of Weathering Hourai1446-icon Underground Altar of Grimoire1742-icon Palace of Sea Burial Niraikanai1811-icon Godlike Base Jotunheimr1847-icon Immovable Space Acala Naatha1881-icon Training Hall Tempest1917-icon Gloomy Town Dread1963-icon Narcissus Hall Muse2011-icon Audit Office Laufey2040-icon [Recollection] Beautiful Palace Colosseo
Collaborations 227-icon Steins;Gate321-icon Fairy Tail418-icon Attack on Titan471-icon Princess Punt Sweets523-icon To Aru Majutsu No Index575-icon Psycho-Pass669-icon Date A Live II717-icon WEGO720-icon Vocaloid803-icon Gungho861-icon Puella Magi Madoka Magica947-icon Durarara!!x21049-icon Fate/stay night1080-icon Road to Dragons1102-icon No Game No Life1140-icon The Irregular at Magic High School1192-icon Black Bullet1254-icon Nisekoi1294-icon Dangan Ronpa1369-icon Strike the Blood1400-icon Neon Genesis Evangelion1468-icon Fullmetal Alchemist1495-icon The Seven Deadly Sins1839-icon Akame Ga Kill!1868-icon Shakugan no Shana1909-icon Blood Blockade Battlefront2002-icon Bleach
Area Series
Fairy Tale Series
260-icon Little Red Riding-Hood262-icon Alice in Wonderland264-icon Sleeping Beauty266-icon A Cinderella Story268-icon Tale of Bamboo Cutter270-icon Snow White
Bathroom Beauties

390-icon Helen's Bathroom392-icon Ononokomachi's Bathroom394-icon Yang Guifei's Bathroom396-icon Catherine's Bathroom398-icon Cleopatra's Bathroom400-icon Elizabeth's Bathroom

Ancient Palaces

500-icon Ancient Palace Amerikana494-icon Ancient Palace Industra502-icon Ancient Palace Anders504-icon Ancient Palace Kougania496-icon Ancient Palace Egyptra498-icon Ancient Palace Mesopotia

Illusionary Stations

602-icon Illusionary Station Sakurada606-icon Illusionary Station Alcala598-icon Illusionary Station Holsten600-icon Illusionary Station Haarlem608-icon Illusionary Station Latina604-icon Illusionary Station Rasho

Far East Gardens

708-icon Far East Garden Kiri712-icon Far East Garden Fuji716-icon Far East Garden Ume710-icon Far East Garden Susuki714-icon Far East Garden Yanagi706-icon Far East Garden Matsu

Disused Hospitals

823-icon Disused Hospitals Zelophilia827-icon Disused Hospitals Mysophobia821-icon Disused Hospitals Amnesia831-icon Disused Hospitals Insomnia829-icon Disused Hospitals Melancholia825-icon Disused Hospitals Paranoia

Lost Factories

953-icon Lost Factory Joule951-icon Lost Factory Kelvin957-icon Lost Factory Gal961-icon Lost Factory Lux959-icon Lost Factory Tesla955-icon Lost Factory Decibel

Reserves

1164-icon Reserve for Ferno1166-icon Reserve for Strom1168-icon Reserve for Clone1170-icon Reserve for Tning1172-icon Reserve for Khole1174-icon Reserve for Dust

Disaster Management

2024-icon Flame Disaster Management Office Tonbi2026-icon Water Disaster Management Office Adélie2028-icon Wind Disaster Management Office Althea2030-icon Light Disaster Management Office Hayabusa

Gift Events 063-icon 1.5 Million Anniversary Event474-icon 2 Million Anniversary Event278-icon Knights of the Round Side Story377-icon Divinehood347-icon Genius of Divine424-icon The Beat of Autonomy632-icon Restrict and Release218-icon Twilight Judgement559-icon 3.0million Anniversary762-icon After Judgement024-icon Behind The World896-icon A Happy New Year1013-icon Holy Night's Wish543-icon Wind Boys260-icon Queen's Resolution391-icon Beauty's Purify628-icon Blade of the General1148-icon Tomorrow's Weather1205-icon A Holiday1266-icon Former War1381-icon Episode Area1851-icon Hikari Birthday Festival1852-icon Ginji Birthday Festival1966-icon Yukari Birthday Festival1967-icon Akane Birthday Festival2054-icon Aoto Birthday Festival
Recurring Events 382-icon Mr. Divine ☆ Dungeon26px-Gold-icon Door to Eldorado900-icon Lostloss Temple180-icon Material Area
Egg Casinos 187-icon Flare Rush Casino (VIP) • 190-icon Aqua Rush Casino (VIP) • 193-icon Wind Rush Casino (VIP) • 196-icon Gold Rush Casino (VIP) • 199-icon Dark Rush Casino (VIP) • 202-icon Silver Rush Casino (VIP) • 204-icon Colorful Rush Casino (VIP) • 773-icon Plus Rush Casino

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.